よくあるご質問 FAQs

当園について Questions About the School

当園についてのよくあるご質問をご紹介します。

100%英語のインターナショナルスクールではないのですか?

英語と日本語の両方を用いて教育保育を行います。外国人教員が主体で行うプログラムの他、石井式漢字教育、論語など日本語のみで行うプログラムもあります。また、日本人としてのアイデンティティを育てるため、日本の生活様式を基本として教育保育を行っています。

地域とのつながりはありますか?

地域のイベントに参加したり、本園の行事に地域の方々に参加いただいたりして、良好な関係を築いています。夕涼み会(夏祭り)やファミリーコンサートなどでは、地域の方々が多数ご来園くださり、園児たちと楽しく過ごしていただいています。また、定期的に園庭開放や子育て講座を開催するなど、地域の方々の子育て支援も行っています。

費用について Questions About Expenses

費用についてのよくあるご質問をご紹介します。

保育料の納入方法は現金集金ですか?口座振替ですか?

原則として口座振替にて納入いただきます。
遠足代など臨時的な費用については、現金集金にて納入いただきます。

保護者の収入による保育料の増減はありますか?

ありません。

延長保育の時間と費用はどのようになっていますか?

朝7〜8時、夕18〜20時が延長保育です。
料金体系は2種類あり、月極申込の場合は7,200円/月(1日30分延長の場合)、都度申込の場合450円/30分となります。

その他の費用負担はありますか?

入園金(30,000円)、給食費(8,500円/月)、制服・カバン代等(45,000円程度)、傷害保険代(800円程度/年)、その他(遠足、園外学習等実費)

《制服類(3歳児クラスから)》※ピンク色のセル部分は必需品
  ブレザー 冬ボトム 半袖ポロシャツ 長袖ポロシャツ 夏ボトム 必需品合計 合計
14,500円 6,800円 3,300円 3,500円 6,500円 24,600円 34,600円
14,500円 8,000円 3,300円 3,500円 7,800円 25,800円 37,100円
《体操服類(2歳児クラスから)》※ピンク色のセル部分は必需品
  ハーフパンツ 半袖シャツ 長袖シャツ 冬ジャージ 長トレパン 必需品合計 合計
兼用 2,300円 3,700円 3,900円 4,800円 3,200円 6,000円 17,900円
《帽子(全園児)》
  カラー帽子
兼用 900円
《必需品の合計額》
  男 児 女 児
3歳児以上 31,500円 32,700円
2歳児 6,900円 6,900円
0歳、1歳児 900円 900円

保育料等の減免制度はありますか?

あります。
兄弟姉妹が同時在籍する場合、1ヶ月単位で休園する場合において、それぞれ費用の減免制度があります。

入園手続きについて Questions About the Admission Procedure

入園の手続きについてのよくあるご質問をご紹介します。

兄姉が入園している場合の弟妹の入園優遇制度はありますか?

兄弟姉妹優遇制度については、以下のとおりとなります。

兄弟姉妹優遇制度については、以下のとおりとなります。

入園金:同時期に在籍する場合に限り、2人目以降のお子様の入園金全額を還付いたします。
通常保育料:同時期に兄姉が在籍している期間、兄姉の通常保育料について5,000円減免いたします。

兄弟姉妹優先入園制度

■対 象
・入園したときに兄弟姉妹が園に在籍しているお子様。
・同時に2名以上の兄弟姉妹が入園するお子様。
■必要書類
申し込みに必要な書類に加えて、「住民票(写し)」をご提出ください。

親子面接後に断られることはありますか?

園の方針と保護者のお考えに大きな開きがある場合は、入園について再度ご相談させていただく場合があります。

年度途中でも入園できますか?

定員に空きがある場合にのみ入園可能です。申し込みは随時となります。申し込み後の入園手続の流れは4月入園と同様です。

英語イマージョンプログラムについて Questions About the English Immersion Program

英語イマージョンプログラムについてのよくあるご質問をご紹介します。

卒園時の英語能力の到達度はどの程度をめざしていますか?

本園では、卒園時到達目標として次のような目安を想定しております。
・英語を使って意思疎通ができるようになる。
・英語で書かれている簡単な絵本を読んで理解できる。
また、具体的な指標として「ケンブリッジ国際児童英検(YLE)のスターターズ」の受験を予定しています。

現在英語教室に行っているがイマージョンを受けさせるべきでしょうか?

「英語で学ぶ(イマージョン)」か「英語を学ぶ(英語教室)」という方法の違いがあります。
本園としては、毎日英語に触れることが英語活用能力の発達には重要と考えております。
また幼児期の英語学習は文法的理解中心ではなく、生活の中での会話に必要となる語彙や発音、リスニングが中心となると考ていますので、イマージョンのほうが適していると考えます。

外国人教師は免許(資格)を持った方ですか? 外国人教員の国籍はどこですか?

本園では様々な国籍の外国人教員を採用しております。国ごとに様々なライセンスがあり、それぞれレベル差がありますので、免許において外国人教員の能力を判断することは困難です。そこで本園の外国人教員については、幼小児教育経験者(「母国の幼稚園等勤務」「インターナショナルスクールの幼児部勤務」「日本の幼稚園等」など)を採用しております。
いずれの外国人教員も英語は母語レベルの者となりますので、英語圏地域出身者となります。
この理由としては、様々な国の文化を理解し体験するとともに、語彙や発音などの違いにも慣れ親しんでいただくことを目的としています。

卒園後、身についた英語力を維持させるための対策はありますか?

はい、あります。本園では、保育の附帯事業として小学生を対象に学童保育的なアフタースクールを行っております。
その中でもイマージョンプログラムを行っています。

施設設備について Questions About the Facility

施設設備についてのよくあるご質問をご紹介します。

見学はできますか?

できます。園舎園庭の見学等については、事前にご連絡いただきますようお願いします。

園にはどのような遊具を置いていますか?

■園庭の固定遊具
複合遊具2台、3連鉄棒2台、砂場1か所
■園庭の備品遊具
プールなど。
■各部屋の遊び道具
各年齢にあわせた遊び道具を設置しています。

その他 Other Questions

その他のよくあるご質問をご紹介します。

子育ては、家庭と園が連携して進めていくことが大切だと思っていますが、
家庭に望むことは何ですか?

乳幼児期は、ご家庭と園での生活がシームレスにつながっていくことが必要です。
特に、規則正しい生活リズムや生活習慣を身につけることが健康な心身の発育に一番大切なことであり、 ご家庭のご協力は不可欠です。
この時期は、日一日と成長していきますので、ご家庭と連携を密に図りながら、園児たちの成長を促していきたいと考えています。

また、本園の教育保育は家庭の教育と一体となってこそ、初めて有効なものとなります。
本園の教育保育方針、教育保育目標をご理解いただき、ご家庭と園が両輪となってお子さまに成長にかかわっていきたいと思います。

PTA活動のようなものはありますか?

保護者会(けやきの会)があります。
保護者会には在園児の保護者全員に加入していただきます。主な活動は、園の行事(年に2〜3回程度)への協力で、行事当日にお時間に余裕がある方にお手伝いをお願いしています。なお、年会費はありません。

乳幼児突然死症候群(SIDS)について、どのように対策を取られていますか?

寝ている状態を常に確認して、うつぶせ寝の状態にならないよう保育士が定期的に確認をしています。0歳児は5分ごと、1歳児以上は15分ごとに睡眠状態を確認しています。また、職員全員が神戸市消防局の救命救急講習を受講するだけでなく、乳幼児突然死症候群 (SIDS)に特化した訓練を定期的に実施しています。